盗聴調査を探偵に依頼【対応した調査器材も種類が増えている】

調査員

白黒はっきりさせる

浮気現場

恋人や結婚相手など、浮気している疑いがある場合は探偵に浮気調査を依頼することが出来ます。また、証拠などを集めてくれる他にも白黒はっきりさせることが出来るのでスッキリすることが出来るでしょう。

読んでみよう

冷静に判断をする

男性

パートナーが浮気をしていると知った場合、まずは冷静に判断することが大切です。少しでも素振りを見せてしまうと証拠を消されてしまい、いざ離婚して慰謝料となってもとることが難しくなるので探偵に依頼して証拠を集めてもらいましょう。

読んでみよう

無線式盗聴器と盗聴器調査

盗み聞き

盗聴器には無線式・有線式・回収式の3つのタイプがあり、現在は無線式が主流となっています。盗聴器調査もその無線式を重点がおかれています。さらに盗聴器は進化しており、それに対しても対応していく必要があります。

読んでみよう

盗聴調査を利用する

ヘッドフォン

調査の相場はいくら

ストーカーなどの被害にあっている場合、部屋に盗聴器が仕掛けられているかどうか、疑うことは必要です。盗聴されていると思ったら探偵に調査を依頼する、もしくは自力で盗聴器を探すなどとして、盗聴調査を行う方が良いでしょう。盗聴している相手に心当たりのない場合は特に探偵に調査を依頼することをお勧めします。 それでは仕掛けられている盗聴調査を行うにはどれくらいの費用が掛かるとされているのでしょうか。この盗聴調査は、部屋の面積や、建物がマンションか一軒家かなどの条件によって費用は異なります。ですが、基本的な相場は3万円から10万円程度と考えておくのが良いでしょう。1万円を切る業者もたまにありますが、専門でないことが多いので利用する際には注意が必要です。

現代の盗聴

それでは、盗聴調査とはどのようなことをするのでしょうか。現代の盗聴調査は昔と比べて進歩しており、盗聴や盗撮機器など、様々な機器に対応しています。また、これに対応した調査器材も種類が増えてきています。 技術が進歩するにつれて、普通の無線式ものだけでなく、GHz帯、デジタル波を利用した盗聴や盗撮も増えており、これに対応している業者も増えてきています。 比較的新しい型の盗聴器は昔のものと比べて小型になっており、また電池を利用するのでなく、その家の電源を利用したものが主流になっており、そうなると発見するまでほぼ永久的に盗聴・盗撮されてしまうことになります。よって出来るだけ心当たりがあったらすぐに調査を行いましょう。